バナー

ファクタリングのメリット

中小企業が資金調達として注目しているのが、ファクタリングです。

ファクタリングとは売掛債権を第三者である専門会社が買い取ることです。
ファクタリングには3つのメリットがあります。


まず早急に資金調達ができます。

一般的に売掛先の企業から支払いを受けるまでにタイムラグが発生します。

売掛金は流動性がないため、30日~180日待たなくてはなりません。

ファクタリングが最近こちらで話題になりました。

中小企業にとってはキャッシングフローが滞る恐れがあります。

そこで、専門業者に買い取ってもらうと、すぐに支払ってもらえるので、資金を十分に確保できます。

ファクタリングについて解説いたします。

次に借り入れをする必要がないことです。

金融機関から経営を一時的につなぐために、融資をしてもらうと借入金として利子を支払わなければなりません。キャッシュフローの問題を解決しても、借金をすれば中長期的に企業の経営を圧迫することもあります。

一方ファクタリングは売掛債権を譲渡する形なので、借金をすることなく資金化できます。

ただし計上方法に関しては顧問会計士や税理士に相談します。そして、売掛先の倒産が自分の会社に影響しません。

通常では、突然売掛先の会社が倒産すると、資金に充てることは不可能です。万が一倒産しても、譲渡金を返済しなくて良いのは大きなメリットです。



売掛先の会社と自分の会社、売掛債権を買い取る会社で取引を行う場合は、売掛先の会社の承諾を得る必要があります。
よって交渉や手続きに時間がかかることもあることを把握しておくと良いです。