バナー

ファクタリングは中小企業向けのサービス

ファクタリングは、どちらかというと中小企業向けのサービスだと考えられます。売掛金を売却するなどの方法によって資金調達が可能になります。

中小企業にとっては、この方法が最も便利だから普及しているといえるでしょう。


中小企業にとって、融資を受けるのは簡単なことではありません。



担保などがあれば別ですが、事業をもとにして融資を受けるのはなかなか大変なことです。


そのため、売掛金を売却するという方法によって資金を調達できます。

では、大企業はファクタリングを行わないのかというと、実は行わなくても資金調達ができます。

大企業は信用力が高いですから、いろいろな方法で資金調達ができます。

銀行融資を受けやすいのは当然のことですが、ほかにも社債を発行するといった方法も考えられます。

事業として今後も成長が期待できる分野であれば、株式を発行することによって資金調達することもできます。



大企業は信用力が高いですから、いろいろな方法で資金調達ができるのです。


中小企業はそうはいきません。



中小企業で債券を発行しても、それに投資をする投資家はおそらく限られているでしょうから、利率を高めなければならないなどのデメリットがあります。


中小企業は資金調達の方法が限られているために、ファクタリングが非常に重要な方法として使われています。

また、ファクタリングを専門に行っている業者も中小企業をターゲットとしていることが多いですから、中小企業でも利用しやすいです。