バナー

売掛債権の効率的な入金はファクタリングの利用を

商品を先に相手に渡し、後日入金を得る際などに利用するのが売掛です。

自身が売上を計上してから入金を得るまでタイムラグが発生することとなるため、何らかの事情から早急に資金が必要となる時は、売上と同時に支払いを行ってもらわなければなりません。しかし国や地方自治体、大規模な企業などになると、決済の承認までが長かったり、中小企業などの場合資金繰りなどの観点からすぐに売掛金の回収を行うことができないことがあります。



そういった事態の際に利用したいのがファクタリングと呼ばれるサービスです。


これはいうなれば売上債権の売却というべきもので、売掛債権を一時的に肩代わりし、サービス業者が売掛金の支払いを行ってくれるもののことを指します。

後日取引先がファクタリング業者に売掛金を支払うため、取引先にとっては大きなデメリットが存在しないのが特徴です。



また資金繰りの改善だけでなく、肩代わりしてもらった売掛債権を決算書上に負債として計上する必要もないため、見やすい決算書にすることも可能です。



更に場合によっては取引先が倒産しても既に受け取った売掛金を返還する必要がないのも魅力です。


ただし手数料などが発生するため、実際の売掛債権よりも手取りが少なくなってしまう場合や、取引先の同意を得なければファクタリングサービスを利用することができないといったデメリットも存在します。
そのためメリットだけでなくデメリットもしっかり認識し、ファクタリングサービスの利用をする必要があります。