バナー

キャッシュフロー改善にファクタリングを

ファクタリング、という言葉をご存知でしょうか。

日本では今日でもそれほどメジャーな言葉にはなっていないようですが、欧米では企業用語としてかなり一般的なものとなっています。



この言葉は、簡単に言えば資金調達の方法、ということになります。

企業の経営者にとって悩みの種といえば、第一に売上、利益を出し会社を黒字化することですが、もう一つ大きな悩みとして、資金繰り、キャッシュフローの改善です。
つまり、売ったもののその売掛金を回収するまでに時間がかかってしまい、現金が足りなくなってしまうわけです。



そんな時、ファクタリングを行う業者はそういった未回収の売掛債権を買い取り、代わりに債務者から資金の回収をするということを行います。
こうすることで、売掛金は早期に現金化され、企業の資金繰りが劇的に改善することになります。しかし、これまで日本では手形取引が発展してきた歴史もあり、ファクタリングはメジャーなものとなっていませんでした。ですがバブル崩壊後は手形取引も減ってきており、また、手形取引での裏書によるキャッシュフローの改善では、手形が不渡りになった際のリスクがありますが、ファクタリングではこういったことはありません。
さらに、手形の場合は紛失のリスクもありますが、そういったこともありません。



企業活動の継続に重要な要素であるキャッシュフロー。
このキャッシュフローを改善するために、ファクタリングは最適な方法の一つ、ということになります。上手に活用して、より良い経営に繋げることが企業存続の秘訣かもしれません。