バナー

ファクタリングのメリットやデメリットを紹介します

ファクタリングの仕組みとは何か知っていますか?ファクタリングとは第三者である専門会社が売掛債権を買取る取引の事を指す言葉となります。
売掛債権とは何かと申しますと、既に商品の納品やサービス提供は終了しているのですが支払いがまだ完了していない債権の事です。



ファクタリングは取引の際のタイムラグなどで発生したキャッシュフロートラブルを解決する方法の一つとしてよく使用されています。

ファクタリングにはメリットとデメリットが存在しています。まずメリットから紹介していきます。

売掛金の譲渡となりますので、資金化の際には借入として計上しない事が可能となります。次に取引先が万が一倒産してしまった場合でも支払いの必要がありません。



支払いの必要がないということは、すなわち取引先の企業が倒産してしまっても譲渡金を返済する必要がないという事になります。

続いてはデメリットを紹介していきます。
まず手数料や買取の掛け目が必要になります。



ちなみにファクタリングの掛け目は75パーセントから95パーセントくらいが一般的となっています。
次に取引が三者間取引となった場合、売掛先企業から承諾を得る必要があります。

その際は通常の取引よりも手続きなどに時間がかかる場合が多いです。

最後に取引の内容次第ですが、売掛債権を譲渡する際に債権譲渡登記が必要になる場合があります。
会社によっては債権譲渡登記が必須になる事もあるので事前に確認する必要があります。