バナー

ファクタリングをするメリット

ファクタリングサービスというのは、債権者が債権の回収に困っているとき、その業務を代行または買い取りする金融サービスのことです。ファクタリングサービスを利用することで、債権者は一定の金額を確実に手にすることができ、回収業務を行わなくてもよくなります。債権を買い取ったファクタリング業者が、元の債権者に代わって回収業務を担当することになります。

銀行や証券会社は、多数の債権を抱えるものですが、いちいち一つ一つ回収しに向かうだけの人員も持っていません。



時間も労力もかかる債権回収業務は、できれば少しお金を損することになっても手放したいと考えているものです。

そうしたニーズに答えるように、債権回収を苦としてない会社が債権を買い取ります。また、質の高い債権なら逆に、個人や中小企業から金融機関がファクタリングをすることもありえます。

どういった形になって誰が関係するかは、すべてそのときの契約によって決まります。



債権譲渡が起こる契約なので、間に弁護士を立てるのが一般的です。



間違いがないように契約は書面で、ときには証人が立ち会うこともあります。

ファクタリングをするメリットは、単純に利ざやが稼げるということに尽きます。

それ以外には未回収の債権を現金等で購入するメリットはあまりありません。自分たちがかける人員や労力以上に儲かると判断するからこそ、債権回収を代わりに行うことになるのです。
もちろん、判断によっては損をする可能性もあります。