バナー

最近よく聞くファクタリングとは

ファクタリングとは他人が有する売掛債権を買い取ってその債権を回収するサービスのことをいいますが、これでは少しわかりづらいものがあります。

商売での取引では殆ど商品を売却したあとのお金の回収は3か月後や6か月後などの後の回収になります。


商売取引で取引相手が100%債権回収可能な信用の保証など今の時勢では判断しきれない部分が多くあります。

商品を売った企業側としてはその期間にその相手が倒産などお金の回収がすべて不可能になってしまうリスクが当然発生し、そのリスクを考えて取引をせざるを得ません。
ファクタリングとはその売掛金回収不能のリスクを回避するため債権の回収を行う金融サービスのことです。



その例ですが卸売りのA社が品物を小売りのB社に毎月200万円分販売したとしましょう。


そのB社からの支払いは3か月後に200万円×3か月分の600万円とした契約でありましたたがB社の経営が怪しくなってきて最悪倒産となってしまった場合、当然あっという間にA社に600万円損失が発生します。



そのリスク回避の為、ファクタリング会社が間に入り、調査、検討を行って、倒産などの最悪の事態に備え、例えば500万円までの保証契約をおこなうというのがこのシステムの内容です。

ファクタリングの形は償還請求権のあり決済日に企業が債権を負担し、のちにファクタリング会社が企業に手数料や割引料を引いて保障するのものや、それがないものなどがありますが、銀行借り入れなど担保請求がないため、資金調達の迅速化や効率化が可能となり、企業のリスク回避が図れるひとつのシステムです。