バナー

企業を救うファクタリングとはなにか

これは、企業が有する売掛債権や手形を買い取って、企業に代わって代金の回収を行う債権買い取り業のことを言います。

買い取り時に一定の手数料を徴収し、債権が不渡りになった場合の危険負担はファクタリング会社が負うことになります。


利用する企業には、賃倒れの危険がない、債権管理や回収事務が省けるといったメリットがあります。

デメリットとしては、手数料・掛目が必要になること、債権譲渡のため顧客へ承諾が必要なケースがある、つまり、交渉や手続きに手間や時間がかかるといったことがあげられます。



これを検討する企業、人に該当する条件としては、銀行などの金融機関に融資を断られた、売掛け相手の支払いサイトが長い、メインバンクや取引先に分からないように資金をひきたいなどがあげられるでしょう。



流れは、まず、商品の納品やサービスの提供が完了し、売掛金が発生した後、売掛先企業とのファクタリング契約を結びます。

そして、今度はファクタリング企業との契約を結び、売掛先企業との請求金額を確認し、ファクタリング会社に請求金額を通知し、早期売掛金支払いを受けます。

後日、売掛先企業から期日どおりお金がファクタリング会社に支払われることになります。この仕組みによって、企業は売り掛先からの資金回収までのタイムラグを解消することができるというわけです。



契約にかかる手数料や掛目は、会社によって異なります。

また、対応サービス自体も異なることがあるので、会社の掛目やサービス、手数料などを比較して決めることが大切です。